Let's have Plastic surgery

注目サイト集d

二重整形の持続性はどれくらいなのか

二重まぶたになるためには二重整形を行う必要がありますが、気になるのはその持続性です。二重整形にも種類があり、その方法によって持続性は変わります。まず、メスを使わずに、まぶたに糸を通すことで二重を作る埋没法の手術があります。

この方法は、まぶたに通した糸が切れてしまうと二重の効果もなくなってしまうため、永続するものではありません。まぶたを強くこするなど、糸が切れる原因を多く作ってしまうと効果も短くなってしまうため、どのくらい持つかは人それぞれと言えます。

一方、メスを使って行う切開法と呼ばれる手術であれば、ほぼ永久的に二重を作ることができるため、気になる方は切開法を選択すると良いでしょう。

自分に合う二重整形の二重まぶた

人それぞれ二重整形の二重まぶたと言っても似合うものは異なります。二重整形の二重まぶたの中でも、幅が細い場合には、日本人の二重の様に自然な感じに仕上がる場合が多い様です。

そして、二重整形の二重まぶたの中でも幅が広いものについては、外国人の様な顔に近づける事もある様ですが、場合によっては不自然に見えてしまう事もあるみたいです。二重整形の二重まぶたは、自分に似合うかどうかという事について検討した上で決定する必要があるかと思われます。自分に合う二重整形の二重まぶたをシミュレーションなどでしっかりと把握しておく事ができれば、迷いなく手術を受ける事ができるのではないでしょうか。

美容整形の垂れ目、二重整形について

美容整形の種類、方法について、二重整形の目頭切開、二重瞼脂肪吸引、ボトックス注射、ヒアルロン酸注入などの手術があります。二重の美容整形について、美しい目の比率は右目、右目と左目の間、右目の横の幅の比率が一対一対一が黄金比率といわれています。

末広型二重は、日本人に多いです。並行型二重、目のラインに沿った二重を並行型二重といいます。目を真ん中に寄せながら切れ長の目にするのが、目頭切開です。つり目や垂れ目などにコンプレックスをもつかた、細くてきつく見えてしまう方に効果があり、優しい印象を与えてくれます。

美容整形の二重整形「埋没法」なぜ人気?

美容整形における二重整形では、メスを使用した「切開法」以外にメスを使用しない「埋没法」が存在し、医療用の針と糸を使用して二重まぶたをつくります。 そのため、施術時間が短時間で済む他、切開法と比べてダウンタイムが短く、腫れも少ないといったメリットがあり、メスを使用した施術に抵抗のある人でも安心して行えます。

また、施術費用の手頃さも魅力で、切開法では予算的に厳しいという場合にも最適です。 大阪には、美容整形を手掛けるクリニックが多数存在し、埋没法による二重整形に対応しているクリニックも多いため、美容整形の経験が無い人でも気軽に相談できます。

二重整形・鼻整形に関する記事