Let's have Plastic surgery

注目サイト集b

切開など鼻を高くする鼻整形は種類が豊富

鼻筋を通すために行われている鼻整形の隆鼻術には、いくつか手段があります。半永久的な効果を期待するのであれば、切開してシリコンを入れる方法や、筋膜あるいは耳介軟骨を移植する方法があります。シリコンを入れるよりも自分の筋膜や耳介軟骨を用いたほうが拒否反応を起こしにくく安全性が高くなります。

切開することに不安を感じる人は、ヒアルロン酸を隆鼻に注入して行く方法があり、1から2年程度で徐々に吸収されてなくなっていくため、異物がずっと残ってしまう心配はほとんどない手段ですが、再度注入を行わないといけない場合が多くなります。

大がかりな鼻整形で隆鼻

できたら隆鼻術を活用したいという時には、種類が多い鼻整形の中から決定する必要があります。隆鼻のための鼻整形と言っても、注射だけで終了となる施術もあれば、大がかりな鼻整形で骨を削る様な手術を必要とする場合もある様です。

大がかりな鼻整形で隆鼻を行うと大変身できる可能性もありますが、それに伴い失敗する可能性というのも否定する事はできません。簡単な鼻整形で隆鼻を目指す際には、気軽に利用する事もできるかと思われますが、難しい手術となれば、決断をするまでに余計に時間がかかったりする事もあると思われます。隆鼻においては、いい面だけではなくて、良くない面においても考慮する必要があるでしょう。

美容整形の鼻整形としてお手軽な鼻下短縮術

美容整形の中には、鼻下短縮術やリップリフトと言われる整形方法があります。鼻の下から唇までの間隔を狭めていく整形方法になりますが、元々の鼻下から唇までの間隔が長い方だけではなく、加齢によって起こる間隔の伸びに対しても有効的な方法です。

リップリフトの特徴は、鼻の付け根を切開して行うため、手術跡が目立たないという点です。また、鼻の下から唇までの間隔が長い事で悩む方以外にも、上唇の厚みが欲しい方や唇に立体感が少しでも欲しい方に向いています。手術後の腫れや赤みもプチ美容整形程度の約1週間程で落ち着くため、マスクを着用していれば周囲に気づかれる事なく鼻整形する事が可能です。

美容整形|鼻整形の手術後どれくらいで化粧をしても大丈夫

美容整形で施術を受けると、メスや注射、麻酔などの影響で傷口ができたり腫れや痛みが生じます。時間が経過すると共に症状はゆっくりと引いていきますが、日常生活を送る上で手術後どれくらいで化粧を行えるのかどうかも大切な要素です。

鼻整形の中で、鼻を高くする施術を隆鼻術と言います。鼻整形では鼻の穴の内側を切開してプロテーゼを挿入するため、鼻の外側に傷が付きません。そのため、化粧自体は翌日から行うことができます。しかし手術した部位を強く押したり負担をかける行為は厳禁なので、メイクやメイク落としは優しく行うようにしましょう。

入院しないといけない鼻整形

日帰りで行う事ができる鼻整形もある一方で、今でも入院が必要となる場合もある様です。鼻整形の後に入院するとなると、その分の日程については予定をあけておく必要はありますが、すぐに医師に困った事などがあれば相談する事ができますので、安心して過ごす事ができるでしょう。

また、鼻整形の当日に帰宅する事ができる場合であったとしても、しばらくは仰向きで寝ないといけない事もあるそうです。鼻整形を受けたら、日常生活の中で少し注意しないといけない事が出てくる事もあります。しかし、鼻整形を受けた後は、帰宅した後も医師にすぐに異変があれば相談できる様に、専用の電話番号が教えられる事もあります。

二重整形・鼻整形に関する記事